本文へスキップ

川口リトルリーグは、埼玉県川口市・蕨市・戸田市をホームとする硬式少年野球チームです。

concept 活動目的 

川口リトルリーグはサイボー株式会社様より、緑豊かな天然芝の専用野球場を無償提供して頂き、野球を通じて少年・少女たちの健全なる体力と友情・勇気・尊敬精神を育成する事を目的に活動してます

sponsor 協賛企業 

    
 ハイマウント
スポーツ
 ゼネラル
スポーツ

game junior第6回 フタバ杯 秋季ティーボール北関東連盟大会 〜優勝〜

秋季ティーボール北関東連盟大会優勝

10月20日(日)新座馬場グランド

ジュニアクラス(2年生以下)の公式戦が秋晴れの下で行われました。13人で編成されるのジュニアクラスのメンバーは体調万全で試合に挑みました。今年は12チームの参加で我が川口リーグは強豪ひしめくブロックに入りました。

東日本ティーボール大会第一代表!

11月23日(土)埼玉県深谷市

初戦の相手は力が拮抗する新座リーグです。試合は接戦が予想されましたが最後まで集中力を切らさらない川口が勝利しました。勢いに乗った川口は決勝戦も制し秋季大会5年ぶり2回目の優勝を飾りました。又、川口リーグにとって令和元年初タイトルを奪取しました。

information

   

GAME minor ゼット杯 2019 マイナー秋季北関東連盟大会

マイナー秋季大会

10月6日(日)上尾平方グランド

マイナーも新チームで秋季大会が開幕しました。総勢15チームが参加する今大会は晴天のもとで元気一杯なプレイが各地で展開されました。川口リーグも1回戦から全力を出し切り何とか上位2チームに食い込んで関東大会出場権を手中にしたいところです。

準決勝敗退

10月6日(日)上尾平方グランド

2連勝で準決勝に進出した川口リーグは大宮リーグと決勝リーグをかけ戦いました。試合前から元気一杯ノリノリ(写真)の大宮リーグに対して川口リーグは沈黙したまま。その雰囲気で試合に入ると内容も13失点、四球・失策の連続で完敗しました。

GAME MAJOR JA共済杯2019年 全国選抜北関東連盟大会

JA共済杯 全国選抜北関東連盟大会

9月23日(祝)川口差間グランド

新チーム(5・6年生)の初陣は全国選抜北関東連盟大会です。ここで勝ち上がった4チーム(深谷市は開催枠出場)は11月に行われる全国大会へ出場します。メジャーとなった新5・6年生の17チームが頂点目指して熱戦が繰り広げられました。

関東大会出場へ

次戦 11月9日(土)

順位決定戦に挑んだメジャー何とか4位を確保して全国大会に駒を進めたいところ。その為には2連勝する必要がありました。しかし大宮北の投手を打ちあぐね1-5の完敗でした。結果、今大会は5位となり関東大会へ出場する事になります。今後も声援お願い致します。

information ティーボール体験大会 6月30日/7月21日

新入団選手 体力測定のご案内

新規入団選手は体力測定をします。、その後毎年末にも定期的に実施し選手の成長を記録します。

ティーボール体験大会

野球未経験者も大歓迎!基本的な事を一から学べます。参加は無料なので、外遊びが好きな元気な子集まれ!

GAME MAJOR 第14回東日本選手権 北関東連盟大会 〜準優勝〜

東日本選手権

7月15日(日)サイボー差間G

全日本選手権での銀メダルの悔しさを晴らすべく川口リーグは東日本選手権(神奈川連盟主管)北関東連盟大会に挑みます。13リーグが3会場に集結して熱戦が繰り広げられました。今年の大会は天候にも悩まされましたが関係者の努力もあり無事に開催出来ました。

涙の準優勝

7月15日(日)サイボー差間G

初戦から4連勝で最終戦に駒を進めた川口リーグは、代表の切符をかけて新座リーグと戦いました。3回に川口が先制するも、4回新座の攻撃では守備の乱れや四球を挟み逆転を許すとあと一歩反撃も及ばす惜敗しました。

GAME MAJOR JA共済杯2019 全日本選手権北関東連盟大会 〜準優勝〜

JA共済杯 全日本北関東連盟大会

6月2日(日)サイボー差間G

JA共済杯全日本選手権の季節が来ました。昨年、12年ぶりに日本一に輝いてから早くも一年を迎えようとしています。
今季の川口リーグは突出した選手は居ませんが総合力では昨年のメンバーと引けを取りません。今季も期待大です。

決勝リーグ 4チームで大混戦

優勝決定戦 6月2日(日)サイボー差間G

4チームが1勝1敗で並んだ最終決戦は深谷市リーグ・川口リーグが勝利し2勝1敗で首位に並びましたが直接対決で深谷市リーグが勝利しているため、全国大会切符は深谷市リーグが手中にしました。深谷市リーグは北関東連盟として堂々と闘ってきてください。

GAME MINOR 2019年 AIGプレゼンツMLBカップ北関東連盟大会

AIGプレゼンツMLBカップ連盟大会

5月26日(日)サイボー差間G

マイナー最高峰の大会、MLBカップが開幕しました。昨年は惜しくも準優勝に終わった大会ですが、今年は頂点を目指してトレーニングを重ねてきました。2連勝し準決勝に進出しました。

準決勝で敗退

5月26日(日)サイボー差間G

準決勝の相手は宇都宮・深谷市連合チームです。川口は相手にリードを許すも即追いつく展開で6回で決着が付かず延長戦(タイブレーク)にもつれましたが川口の守備の乱れから失点を重ね惜敗しました。

GAME JUNIOR 2019年 第36回武蔵コーポレーション杯 ティーボール北関東連盟大会 

ティーボール北関東連盟大会

5月5日(祝)大宮レパーズG

小学校3年生以下の公式戦・第36回武蔵コーポレーション杯ティーボール大会が晴天の大宮レパーズグランドで行われました。今年も川口リーグは2チームエントリーし青空の下、元気一杯にグランドを駆け巡りました。

第36回武蔵コーポレーション杯

5月5日(祝)大宮レパーズG

16チームでエントリーし、1回戦の川口リーグの相手は新座リーグ、川口飯能連合は大宮北リーグと対戦しました。新座戦では接戦になりましたが終盤追いつけず惜敗、川口飯能連合は1回戦勝利しましたが惜しくも2回戦で敗退となりました。

GAME MAJOR 2019年 ミズノ杯 春季関東選手権大会 〜3位〜

ミズノ杯春季関東選手権大会

4月14日(日)東関東連盟主催

北関東の王者として挑んだ関東大会。実は春季関東選手権大会は2006年の優勝から13年も頂点に立てていません。昨年の準優勝の悔しさを胸に雪辱に燃えてました。

〜惜しくも 3位〜

東京北砂リーグに完敗
初戦は神奈川連盟代表の二宮大磯リーグです。接戦を制して準決勝に進出しましたが、東京北砂リーグの分厚い壁にコールドで敗退しました。結果は3位ですが頂点を目指していただけに非常に悔しい結果となりました。

GAME MAJOR 2019年 ゼット杯春季北関東連盟大会 〜優勝 連覇〜

ゼット杯春季北関東連盟大会

3月31日(日)新座馬場グランド

昨秋の連盟大会(3位)の悔しさをバネに冬の間は徹底的に体力作りに励んで来ました。挑戦者として挑む本大会は何としても優勝旗を奪回する意気込みで一丸となって挑みました。

優勝 〜2年連続5回目〜

次戦4月13日(土)関東選手権大会
今大会はどの試合も接戦となり、打線も終盤からエンジンがかかる状況で全試合で苦しみましたが、その分粘り強さを培えた大会でした。2年連続5回目の優勝を自信を胸に関東選手権も一戦必勝で挑みます

GAME MAJOR 2019年 春季インターミディエット北関東大会 〜準優勝〜

インターミディエット連盟大会

3月10日(日)宇都宮グランド

2019年公式戦幕開けはインターミディエット連盟大会及び通常のリトルリーグ連盟大会と同時に行われました。肌寒さが残り時より強風も吹く中で3チームによる熱戦が繰り広げられました。

準優勝

3月10日(日)宇都宮グランド
オープニングは宇都宮リーグ戦です。序盤硬さが出た川口ですが中盤からいつもの川口野球で追い上げました。しかし最終回あと一歩のところで勝利をつかむ事が出来ませんでした。
準優勝の悔しさを関東大会でぶつけてきます。

information 2019年 必勝祈願/開幕式&餅つき

必勝祈願

1月5日(土)東沼神社

新年恒例の必勝祈願を東沼神社で執り行いました。メジャー高橋監督に続き、キャプテンにより玉串を捧げ全日本選手権出場”と怪我無く1年を野球に没頭出来るよう祈願しました。

川口リーグ開幕式

1月5日(土)SAIBO差間グランド
差間グランドに戻り、お清めと無病祈願をした後は後援会による餅つきを実施しました。美味しいお餅に舌鼓を打ち今年こそは全日本選手権への出場”とリーグ一丸となって気持ちを新たにしました

news2019年 新着情報

information 2018年度卒団式  納会

卒団式

2018年12月15(土) SAIBO差間グランド
中学1年生11人の卒団式が差間グランドで行われました。この年代はジュニア時代・マイナー時代共に無冠でした。2018年春季大会を制し全日本選手権予選でも優勝し12年ぶりに世界大会の出場を果たしました。シニア・ボーイズ・中学野球・部活などで更なる活躍を期待しています

納会

2018年12月15(土) SAIBO差間グランド
激動の2018年も終わりが近づいてきました。メジャー・マイナー共に上位の戦績が残せた事ばかりで無く、ジュニアも多数の仲間が加入して活気溢れる1年でした。何より、大きな事故も無く過ごせたのは最高の環境を提供して下さっているサイボー株式会社様の後ろ盾あっての事です。この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

game MAJOR 2018 リトルリーグワールドシリーズ

リトルリーグワールドシリーズ

8月16日〜26日 WILLIAMSPORT
2006年以来、12年ぶり2回目のWS出場を果たした川口リーグは、スペイン、パナマ、プエルトリコを撃破しインターナショナル決勝に進出しましたが、残念ながら韓国に惜敗し3位決定戦にまわりました。
3位決定戦ではアメリカサウスイーストに見事勝利し、前回出場のの成績に次ぐ3位という快挙を成し遂げました。

川口リトルリーグ戦績

8月16日〜26日 WILLIAMSPORT
出発前の壮行会は皆様のご支援を頂き、選手達は大きな力をもらいました。
また多くの方に寄付金のご協力も頂戴し大きな問題も無く元気一杯に3週間も野球に没頭出来ました。
この場をお借りして厚く御礼申し上げます。
選手・スタッフ一同、この経験を活かして更なるリトルリーグの発展に尽力して参ります。

game MAJOR 2018 ja共済杯 第52回全日本選手権  〜全国制覇〜 


全日本選手権大会 〜優勝〜

全日本選手権 7月20日(金) 長野県上田市
2010年以来、8年ぶりに全日本選手権に出場した川口リーグの初戦は安城リーグ(東海代表)との闘いとなりました。猛暑の上田城跡公園野球場では壮絶な試合展開となりました。安城のピッチャー蟹江君の前に5回まで14奪三振、全く太刀打ちできない状況でしたが、最終回の攻撃で野上君が起死回生の逆転ツーランを放ち見事勝利を掴みました。終わってみれば17奪三振を喫し、安城リーグのレベルも高さに脱帽です。
初戦の劇的な勝利で勢いついた川口リーグは続く2回戦の瀬谷リーグ(神奈川代表)に7-2で完勝、準決勝 仙台広瀬リーグ(東北代表)に13-2の圧勝、そして決勝戦 長崎南リーグ(九州代表)に23-2の決勝戦史上最高得点をマークし、見事12年ぶり2回目のワールドシリーズ出場の切符を手中にしました。この優勝は紛れもなく、最高のグランド提供をして下さっているサイボー株式会社様の後ろ盾があるからこその日本一奪還です。

game MAJOR 2018 アンダーアーマーカップ 北関東連盟大会

北関東連盟大会には11チームがエントリーされました。2回戦、深谷市リーグに勝利し幸先良いスタートを切った川口リーグは、準決勝・上尾西、決勝・大宮東に完勝し、見事全国大会の切符を手中にしました。

全国硬式野球交流大会出場

8月17(金)〜8/19(日) いわき市 
全国で活動する小学生硬式野球リーグ「リトルリーグ」「ボーイズリーグ」「ポニーリーグ」「ヤングリーグ「フレッシュリーグ」の代表がリーグの垣根を越え統一ルールのもとで頂点を目指す小学生の日本シリーズです。川口リーグはリトルリーグ代表として初優勝を目指します。

game MAJOR 2018 ja共済杯 第52回全日本選手権 北関東連盟大会 〜優勝〜 

北関東連盟大会 〜優勝〜

5月20日(日) 大宮ライオンズG
春季大会優勝・関東大会準優勝の実績を誇りに全日本選手権大会に挑みましたが 、まさかの初戦敗退で敗者復活戦に回りましたが、何とか3連勝し決勝リーグへ駒を進める事が出来ました。

8年ぶり7回目の出場

全日本選手権 7月20日(金) 長野県上田市
決勝リーグ初戦の飯能リーグでは川口の大砲・五十嵐選手の2ラン3連発で勢いついた川口が勝利し、続く大宮北戦もリベンジに成功、足利リーグ・越谷リーグにも完勝し決勝リーグ全勝でで見事優勝を飾りました。

game MINOR 2018 AIGプレゼンツ MLBカップ 北関東連盟大会 〜準優勝〜

MLB北関東連盟大会

5月27日(日) 川口差間グランド
マイナークラス最大の大会、AIGプレゼンツMLBカップは昨秋王者の越谷リーグ・今春KEIO杯王者の川口リーグ・同3位の新座リーグとの闘いとなりました。3試合とも大接戦で最後まで目が離せない試合となりました。

関東選考会第一代表で出場

次戦 7月14日(土) 茨城牛久栄G 
接戦の末、軍配が上がったのは越谷リーグでした。川口はKEIO杯の雪辱を晴らされた形となりましたが、7月に行われる関東選考会で優勝を勝ち取り是が非でも全国大会へ駒を進めるため厳しいトレーニングを重ねます。

game MAJOR 2018 ミズノ杯 春季関東選手権大会 〜準優勝〜 

春季関東選手権大会

4月14日(土)〜15日(日)
2年ぶりに関東大会へ出場した川口リーグは初戦で船橋リーグ(東関東2位)をゼロ封。準決勝は強豪・武蔵府中リーグを破った横浜青葉リーグ(神奈川1位)に快勝しました。

惜しくも準優勝

関東選手権大会 北関東連盟主催 
2010年秋以来の関東選手権大会決勝進出でしたが、惜しくも東京中野リーグ(東京1位)に敗れ準優勝の結果に終わりました。全国選手権北関東連盟大会に向けての課題も明確となり、次戦に備えて準備を進めます。

game MAJOR 2018 ゼット杯 春季北関東連盟大会 〜優勝〜 

春季北関東連盟大会

3月25日(日) サイボー差間グランド
球春到来!!春の連盟大会が開幕しました。厳しい冬場のトレーニングを積んでパワーアップして挑む大会です。メジャー総勢35人がA・Bに分かれて熱戦を繰り広げました。川口リーグAは順調に勝ち進み、決勝リーグへ駒を進めました。

春11年ぶり4回目の王者

関東選手権大会出場 4月14日(土) 
決勝リーグは深谷市リーグ・浦和リーグとの闘いととなりました。深谷市のエース飯塚君は今大会屈指の左腕投手です。しかし昨夏全国選抜優勝の立役者胴上げ投手・藤本が12奪三振で深谷市打線をゼロ封、春季大会4回目の優勝(北関東・関東大会28回目の優勝)で関東選手権大会へ弾みをつけました。

game MINOR 2018 Keio CUP 春季北関東連盟大会 優勝

春季北関東連盟大会

4月7日(土) 新座馬場グランド
マイナー大会も大詰めです。新座馬場グランドにて決勝戦が繰り広げられました。相手は昨秋マイナー大会を制覇した越谷リーグと、粘り強く勝ち上がってきた新座リーグです。

マイナーも春季大会制覇

決勝 4月7日(土) 新座馬場グランド 
初戦の越谷リーグ戦は序盤は互いに譲らない攻防でしたが、2-2で迎えた5回表川口の連打と相手の守りミスも重なり4得点。6-3で勝利する事が出来ました。次大会のMLB CUPでは課題を修正して再度頂点を目指します。

information 差間グランド防球ネット設置完了

差間グラウンド防球ネット増設工事

10月21日(日) SAIBO差間グランド
このたび、予てから懸案事項でありました、差間グラウンドの安全対策として、レフトからライト外周の建柱及び防球ネッ トの 増設を実施しました。これにて、近隣住宅皆様の身の安全を確保が出来ました。今後も末永くグランドを有効活用させて頂けるようリーグ一同環境整備に努めて参ります。

寄付金のお願い

寄付金内容は下記
募集期間:平成 29 年 12 月 22 日(金)まで
納入方法 :【金融機関名】 青木信用金庫
      【支店名・店番】 栄町支店・028
      【口座名義】 カワグチリトルリーグコウエンカイ
      【口座番号】 普通預金 5040374

game MAJOR 2017 JA共済杯 全国選抜野球大会 〜全国制覇〜

昨年(2016年)の全国大会敗退の雪辱を晴らすべく挑んだ本大会は、登録選手16名全員が体調万全で挑むことが出来ました。一回戦・対広島安芸戦を11-0(五回コールド)で勢いをつけ、準々決勝・対熊本大津戦12−1(同四回)と快勝し初日を終えます。この日、の2試合で3投手(大湾・藤本・瀬川)が登板しましたが被安打ゼロに抑える好投を披露してくれました。続く二日目の準決勝・対新居浜戦6-0の完封リレーで勝利すると、最後の決勝・対宮城利府戦では序盤こそ1点差の場面もありましたが新倉ソロ・吉川満塁・大湾2ランで引き離し13−4で圧倒。選抜大会では初優勝(選手権は2006年全国制覇)を成し遂げる事が出来ました。

game MAJOR 2016 全国選抜大会出場 〜わかさスタジアム京都〜

全国選抜大会 開会式

8月20日(土) 萩谷運動公園野球場
北関東連盟大会で優勝した川口リーグは、全国選抜大会に駒を進めました。
開会式では15名で堂々と入場行進し雄姿を全国に披露し蒸し暑い関西の空に爽やかな風を吹き込みました

1回戦の相手は東海地区代表・岡崎リーグです。新設された萩谷球場(オリックス2軍球場)は絶好のコンディションでした。川口リーグは15人・ベストメンバーで挑みました。

information川口リーグ出身 斎藤雅樹氏 野球殿堂入り

斎藤雅樹氏野球殿堂入り

1月18日(月) 東京都文京区
野球界の発展に大きな功績を残した人をたたえる「野球殿堂」に、現役時代、巨人の中心投手として活躍した斎藤雅樹氏が新たに選ばれました。斎藤雅樹氏は川口リーグ出身です。川口リーグ創立45周年の節目の年に嬉しいニュースが届きました。

川口リーグメジャー監督も祝辞

1月19日(火) 埼玉新聞
川口リーグ現役選手時代に斎藤雅樹氏とバッテリーを組んだ日高監督も斎藤氏の野球殿堂入り喜びの言葉をよせました。